よくあるブログ

なんかこう、よくあるやつ

サクッと昨日のこと

昨日は仕事中に友人から連絡があり、急遽夜ご飯を食べに行くことになった。

こう言うと聞こえは良いが、実態は私がごり押しで同行させてもらえるようお願いしたのだ。持つべきものは押しに弱い友人である。

 

高校時代の同級生たちとの食事だ。

久しぶりの外食に心を躍らせながら店に行くと、あいにくの休業だったようだ。予約してなかったのかよと思うと同時に、同級生ゆえの気兼ねの無さに「こういうぐだっとしたのも、いいな」と心が落ち着くのを覚えた。

結局、近くにある焼き肉屋で食事ということになった。

私も含めて4人での食事だったが、高校卒業以来ろくに会っていない友人もいたので、久しぶりの会話は弾んだ。会話の内容は8割方下ネタだったような気がするが、非常に盛り上がった。おっぱいの魅力とかそんな話ばかりしていたような気がする。

なんだかんだとしているうちに閉店の時間となり、翌日仕事の友人1名を帰宅させ、残りのメンバーは私の自宅に集結した。

 

最近購入したワードバスケットというカードゲームをした。

 

 f:id:go-went-gone:20170930183458j:image

 

このゲームは「日本語”しりとり”ワードゲームの傑作!」というキャッチコピーで人気のゲームだ。あ~わまでの文字が書かれたカードがあり、それを5枚手札として、場の文字で始まり手札の文字で終わる言葉を言ってカードを出し、手っ取り早く手札を無くしたものが勝ちというシンプルなゲームだ。「か」行なら何でもアリ!とか、7文字以上!みたいな特殊カードも存在する。

しかし、始めと終わりの文字が決められたしりとりというのは想像しているより3倍くらい難しく、「"ぬ"で始まって"む"で終わる言葉なんてねーだろ!!」「"め"で始まる7文字以上の言葉・・・?!」という具合に、持ち手札によってはかなりの苦戦を強いられる。シンプルながら奥が深いゲームである。

 

あまり頭の良くない私たちはそのゲームでゴリゴリと脳にダメージを与えた後、桃鉄をやることになった。時刻は午前1時である。

桃鉄と言えばゲームの始めに1~99の年数設定をするのだが、私たちは頭が良くないので毎回99年に設定する。目安としてゲーム終了まで約37時間かかるそうだ。時刻は午前1時であった。

ちなみに、かれこれ8年くらいの付き合いなので桃鉄をやる機会はかなりあったのだが、今まで一度もゲームを終了したことは無い。こんな輩どもが社会人として仕事をしているのだから世の中は恐ろしい。

結局、8年くらいプレイしたのちに睡魔が限界へと達し解散することになった。きっとこの桃鉄のデータは今後二度と再開されることはないのだろうが、やはり友人と遊ぶの楽しい。また忘れないうちに桃鉄の続きを再開することを勧めよう。