よくあるブログ

なんかこう、よくあるやつ

革命

私は、常々この世界はつまらないものだと感じている。

どのような思想を持っていようとも、私たちは集合体の中の"個"でしかないのだ。

この集合体から飛び出そうものなら、集合体の意思によりたちまち抑え込まれてしまうだろう。

出る杭は打たれる、というやつだ。

ならば私は打たれぬ杭となり、世界に光を灯そう。

革命だ。

 

なぜ自由な思想は批判されなければならないのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:go-went-gone:20170626212251p:plain

なぜかつおのタタキを食べてはいけないのか。

かつおのタタキを食することのできない文明など滅んでしまえば良いのだ。

私を否定するものは誰であろうと容赦はしない。

親兄弟だろうと、たとえ恋人だろうと、私の行く手を阻むというのであれば、生きる道を違えることとなるだろう。

たとえ孤独の道を貫くこととなったとしても、私はかつおのタタキを愛することをやめることなどできぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:go-went-gone:20170626211723j:plain

たしかに、かつおのタタキを食べるとうずまきを正しく書けない身体になってしまうのは小学生でも知っている常識だろう。

それだけではない。

かつおのタタキを服用することで一時的な快楽を得ることができたとしても、その身体は徐々に、しかし確実に崩壊へと誘われるだろう。

 

 

 

 

 

f:id:go-went-gone:20170626220203j:plain

このグラフを見ていただければわかるが、驚くべきことにかつおのタタキの服用者は300年後には誰一人として生存していない。

 

残念なことだが、それは確かなデータとして存在しているのだ。

 

 

 

だが、かつおのタタキの与えてくれる快感は、それら全ての欠点を補って余りあるほど甘美なのだ。

人は何のために生まれ、生きていかなくてはならないのか。

その答えは、かつおのタタキを食べることに他ならない。

 

子曰く、一を以て鰹を貫く

 

この言葉にもあるように、かの孔子かつおのタタキを愛したと言う。

言葉の意味は私にもわからない。

だが、かつおのタタキを愛する真の心は過去も現在も、そして未来も変わらないものなのだろう。

 

たとえ私の肉体が志半ばで滅びたとしても、私の精神は次の世代へと受け継がれ、いつか必ず成し遂げてくれるだろう。

かつおのタタキを食することを、誇りとする世界。

それこそが私の唯一の望み。

ある日の夢の話

夢の世界。

それは、良くも悪くも自制の利かない世界。

理不尽な状況に置かれ、どのように願おうともその不条理から逃れる術はない。

夢の世界に降り立つと同時に、自分もその世界の登場人物となるのだから・・・

 

 

 

 

その日の夢では、特に変わった様子はなかった。

普通に仕事とかしてたり、友達と遊んだり、日常を送っていた。

ただ、ずっとおしっこが出そうだった。

 

何をしていても膀胱に感じる無尽蔵の尿意。

尽きることのない"それ"は、僕の思考をみるみる侵食していく。

耐えきれなくなり、トイレへと向かい力いっぱいの放尿。

我慢していた分、出てくる勢い・量・濃さのなんたることか。

何とも言えない解放感を感じるのも束の間、すぐさま僕の膀胱に再尿意が。

とても信じがたいことだが、膀胱を圧迫する尿意を感じながらも、僕がどれだけ念じてもおしっこが出ない。

それどころか、おしっこは出ないのに膀胱のプレッシャーは収まるどころかどんどん膨らんで行く。

 

どうしてこんな目に遭っているんだろう

 

僕は涙を浮かべながら、膀胱のプレッシャーを抑え込んでいる。

なぜ今すぐにでも解き放つことができないのだろう。

どうして、人はこんなにも無力なんだろう。

 

答えは出ない。

おしっこも出ない。

 

僕はただ、過ぎゆく時間を独り闘い続けた。

魔法陣グルグル3度目のアニメ化おめでとうございます!

f:id:go-went-gone:20170625220421g:plain

自分もグルグルしてみました。

意味はない。

自分だけのアップローダーを簡単に作ろう

こんにちは。

今日は、自分だけのアップローダーの簡単な作り方をレクチャーしていこうと思う。

 

まず、アップローダーって何?という疑問が出てくることもあるだろう。

そんな人は「アップローダー wiki」と検索してみよう。

 

僕は撮影した写真や動画を携帯に保存しているのだが、ブログの記事を作る時はパソコンでの入力作業となる。

ここでめんどくさいのが、携帯で撮影した写真をブログの記事に添付する時だ。

何がめんどくさいって、わざわざ携帯で撮影したものを一度パソコンに移動しなければならないということだ。

 

「途中までパソコンで入力して、添付作業だけ携帯でやればいいのでは?」

 

僕にはポリシーがあるので、そんなことはしない。

パソコンで入力するということに僕は誇りを持っている。

携帯で入力なんて、そんなことはできない。

塩ダレまぐろ丼を用意されればその限りではない。

僕は塩ダレまぐろ丼が大好きだ。

塩ダレまぐろ丼は僕に勇気を与えてくれた。

きっと携帯で記事を入力することもできる。

塩ダレまぐろ丼を得るための努力は惜しまない。

僕のポリシーだからだ。

 

 

 

 

 

さて、携帯の画像をパソコンに移動する方法だが、みんなどのような方法を使っているのだろう。

何か線のようなもので携帯とパソコンを繋ぐ。という方法を想像するのではないだろうか。

僕も携帯とパソコンを線のようなもので繋いでいるが、充電が開始されるだけで画像の転送などできない。

そう、携帯とパソコンを線のようなもので繋いでも画像の転送はできないのだ。

 

 

 

そこで僕は、LINEというアプリに注目した。

 

f:id:go-went-gone:20170619231532j:plain

LINEでは、同じLINEユーザーと友達となり、メッセージを送ったり、相手からブロックされたりすることができる。

ほとんどの人が携帯にインストールしているだろう。

メッセージだけではなく、画像や動画を共有することもできる。

 

しかし、僕はEメール時代、自分のメールアドレス宛にメールを送ることで、自分の中の架空の人格とメッセージのやり取りをしていたタイプの人間。

LINEでは、ストレートに自分に対してメッセージを送ることはできないのです。

 

しかし、僕が注目したのはLINEのグループトーク機能。

グループトーク機能とは、任意の自分の友だちを1人以上何人でも誘ってトークルームを作ることのできる機能。

複数人で予定を立てるときなどに非常に役立つ機能だ。

これを活用することで、自分だけのアップローダーを作成できるのだ。

 

 

 

 

まず、誰でもいいので友達をグループトークに招待しよう。

f:id:go-went-gone:20170619232919j:plain

この場合、招待する人数は気にしない。

別に何人でもいい。

僕は高校時代の友人きたくを招待する。

 

 

 

 

 

f:id:go-went-gone:20170619233102j:plain

これでLINEグループが出来上がる。

あとは、のこのこと参加したきたく(友人)を強制退出させることで自分1人のグループが爆誕する。

ここに写真や動画を好きに添付することができる。

見事、友人と引き換えにアップローダーを作り上げることができた。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:go-went-gone:20170619233514j:plain

ちなみに、招待した友人がグループに参加しなくても自由に写真を貼り付けることができる。

結論から言うときたくはこのグループに参加しなかった。

「グループ名がゲイすぎて」との理由らしい。

よかった。友人を引き換えにせずアップローダーを作ることができた。

このように、運がよければ友人を犠牲にすることなくアップローダーを作れる。

1年の運試しとしてやってみてもいいかもしれない。

 

 

 

 

 

 

f:id:go-went-gone:20170619234221j:plain

あとは、パソコンでLINEにログインするだけで、簡単に画像をダウンロードすることができる。

やったね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの方法を使ってもめんどくさい。

なんならパソコンでマイコンピュータとか開くと一括コピー&ペーストが可能。

疲れた

f:id:go-went-gone:20170619220225g:plain

こんにちは、今日はプレッシャーを発しながらの登場となります。

だからなんだと言われれば、特に言うことはありません。ごめんなさい。

 

 

 

最近、無料の画像編集ソフトをダウンロードし、ひたすら画像を編集するということをしています。

今まで、画像を編集したことなどなかったので、なんだかすごく新鮮な気分です。

例えるなら、パソコンの授業でペイントソフトを使うとき、恐竜のスタンプを連打する小学生の気分です。

 

 

 

 

 

f:id:go-went-gone:20170619224542j:plain

f:id:go-went-gone:20170619224546g:plain

ただひたすらに自分の顔写メを加工している様は、傍目から見ればだいぶヤバいやつなのではないでしょうか。

論じるまでもなく僕はヤバいので安心してください。

 

さて、特に書くこともないのにこんな記事を書いてしまったのは失態ですが、頑張ってネタを考えなければいけませんね。

いろいろやってみたいことってのはあるのですが、どうにもブログの記事として形にするのが思うようにいきません。

続けていたらできるようになるのでしょうか。

頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:go-went-gone:20170619224349g:plain

鼻血

f:id:go-went-gone:20170617085718j:plain

鼻血、出してますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:go-went-gone:20170617205241j:image

僕は出してます。だいたい月3くらい。

 

鼻血って、出てる時のバカ感が、こう、何とも言えないんですよね。

 

読者様におかれましては、いきなり薄汚いゴミカスゲボ野郎の鼻血ヅラを見せつけられて「なんだなんだ?????」と困惑していることかと思います。心中、お察しします。

 

しかし、僕は思うのです。

鼻血って、たまらないな、って。

 

僕は、幼少の頃から頻繁に鼻血を出していました。

3日に1回は鼻にティッシュを詰めていました。

 

鼻にティッシュを詰めている光景っていうのも、

 

f:id:go-went-gone:20170617091744j:plain

バカ感が出てて、"良い"んですよね。

 

幼少の頃からこのような姿が定着しているのですが、ほら、よく言うじゃないですか。

小さい頃は鼻血がよく出る、って。

 

僕の場合は肉体が精神に追いつくタイプなので、幼い子どものように鼻血が出ているのです。

冒頭の写真の前日、家のパソコンでインターネットを閲覧していたのですが、突然右の鼻穴から鼻血が流れ出したのです。

これは、僕の"赤の契約者-レッド・スタンス-としての現象-チカラ-"の一端が暴走を起こしたことによるオーバーフローなのです。

これは予兆に過ぎなかったのですが、翌日、冒頭の写真にて僕は両の鼻穴から血を流しています。

 

そう、ついに僕のレッド・スタンスのステージがセカンドクラスへと覚醒したのです。

これにより、今までには考えられなかったようなことが、僕自身の手によって行うことが可能となるのです。

例えば、自撮りのために立ち上がったため鼻血が身体を伝い、チンコから血が滴り落ちるという珍事を引き起こしたりとか、ね。

 

いずれステージ・トゥウェルブへと躍進した際には、自由自在に出せる鼻血を使い、ブレイクダンスをしながら撒き散らした鼻血でさまざまのものを描く画家として、世界中から冷い目を浴びせられる予定です。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:go-went-gone:20170617101844j:plain

 

改名します

こんにちは。

姓名判断ってありますよね?

名前の字画とかで生まれ持った運勢を調べるやつ。

ネットでは無料で姓名判断をしてくれるサイトもあったりして、僕も調べてみたのですが

f:id:go-went-gone:20170613195027j:plain

ほぼ終わってました。

とりあえずろくなこと書いてないし、すごい嫌だなあって思いました。

まあ、現実ではいろんなしがらみがあるので改名って難しいですが、ネットでの名前ですし適当に変えてしまってもいいような気もします。

 

ちょっと調べてみたら字画的に最強の名前があったのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:go-went-gone:20170613200658j:plain

名前自体が終わってたので却下することにしました。

 

 

 

とは言っても、慣れ親しんだ名前を変えるのも抵抗があるので、

f:id:go-went-gone:20170613195035j:plain

これで行こうと思います。

これなら気軽に気分を変えられますからね。

ネット名はこれで決まりです。

ブログ開始2日目にして改名することになるとは思いませんでしたが、今後もよろしくお願いします。