りきすいの郷(さと)

テキスト系の記事とか、ネタ系の記事とか書きます。

25歳になりました

恥ずかしながら、25年も生きてきて流しそうめんをしたことがない。

 

西日本豪雨災害から1ヶ月半、酷暑の夏も終わろうかという頃にこんな話をするのもなんだか申し訳なく、情けないような照れ臭いような複雑な感情なのだが、まさしく前述の次第。

 

夏の風物詩とも言える流しそうめん

しかし、私には勢いよく流れてくる白糸を掴めず悔しがる経験も、終点のバケツに溜まった水を捨てる経験も、無い。

そんな私と生まれたての赤子とでは一体何が違うというのだろうか。

 

そもそも私はそうめんが好きで、一人暮らしをしている今も季節を問わず年中そうめんを備蓄している。

余談であるが、茹で上がったそうめんを流水で洗う時には、かなり強めにそうめん同士をキュッキュッと擦り合わせて洗うのが良い。そうめんの表面に残ったぬめりをしっかりと落とすためだ。

本当に想像している以上に強く擦り合わせてしまえば良い。あの時みたいに。

そうめんの意外なたくましさに感動することだろう。そうめんの様なしなやかさと丈夫さを併せ持った人間になりたいものである。

 

さらに余談である。余談ばかりで申し訳ない。切なさを噛み締めながら読んで欲しい(顎を動かすと脳に良い)

そうめんは夏の食べ物というイメージが強いが、冬に食べるそうめんもまた格別である。茹で上がったそうめんを冷水でシメるとコシが生まれるのだが、夏の水道水はぬるいのでそうめんが十分に締まらないのである。

冬場になると水道水もその表情を変え、全てを凍て尽くす魔物へと変容する。そんな魔物を制御し使役することで、白く光り輝くそうめんにコシが生まれる。聖なる繊維、聖繊維である。

 

何を言っているのか私にもよくわかっていないが、この滾るそうめん愛は伝わったはずである。

ともかく、それほどの重い感情を持っているにもかかわらず、"流しそうめんをしたことが無い"というのはそうめんに対する侮辱や冒涜と差して相違なく、大変恥ずべき所業であるということは、聡明な皆様におかれましてはお察しのことと思う。

罪深き私に烙印を押したのは、やはりそうめんか。そうめんへの申し訳なさで昨年の私は死して償う覚悟すら決めたのだが、結果はご覧の通り。のうのうと生きている私の姿がここにあるのみである。

しかし、そんな私を許してくれたのもまた、そうめんである。もうそうめんに足を向けて寝られないな。

 

 

 

そんな私を見兼ねた友人が先日、私の誕生会を開いてくれた。

私は8月9日に満25歳を迎え、26年目のスタートを切ったのである。友人に祝われてスタートできるなんて、良い歳になりそうじゃないか。

 

そうして誕生会が行われた8月10日のことである。友人は私に流しそうめん機をプレゼントしてくれたのだ。さらには、その場で開けて組み立て、今日は流しそうめんパーティだよと言うのだ。

そう、流しそうめんデビュー。

齢25にして羽化──。

 

組み上がったものを見て、まずそのデカさに驚いた。平面ではなく、立体なのだ。

60cm程度の高さから、クルクルのウォータースライダーでそうめんが下り、辿り着いた槽の中ではモーターによって水流が起こり、そうめんがグルグル回るという仕組みだ。

80cm四方のテーブルの上に置かれたそれを見て、その場にいた全員が内心(邪魔だなあ…)と思っていたに違いない。

しかし革新的だったのは、スライダー上部のタンクと槽の間を水が循環するというもので、タンクの中に氷を入れておくことで冷たい水が流れ続けるというものだった。時代がもたらした技術の輝きを感じた。聞けば、そうめんそのものが循環するシステムを導入した流しそうめん機も存在しているらしい。日本の未来は明るいぞ、カティ。

水のあまりの冷たさにテンションが上がり、大きさは気にならなくなった。

 

そうして楽しい時を過ごした。流しそうめんで26年目のスタートを切れたことは、そうめんラヴァーである私の誇りである。これからは自信を持って生きることができるだろう。

 

ありがとう、そうめん。

そうめんよ、永遠に。

 

 

 

 

 

 

 

楽しいひと時が終わり、片付けをするにあたってわかったことがある。

流しそうめん機、洗うの超めんどくせ〜。

ブツを見た段階で洗うのに手間取ることを想定することなど、傘を開くより簡単なことだった。だけど、そんな現実を直視できるほど、僕たちは大人になんてなれやしない。

何がめんどくさいって、まずデカい。これがダメだ。

私は単身者用のマンションに住んでいる。住んだことのある人はよくわかるだろうが、ワンルームの部屋に付いている流し場の広さなどたかが知れている。なんたって、流しそうめん機の槽の方が流し場よりも広いのだ。これによって洗う時の水散りは平常時の64倍ほどに膨れ上がる(自社調べ)。256倍でないだけマシかとは思うが、これでもまだ人の罪ほど重くはない。恐ろしい話だ。

次に構成するパーツの数だ。その数なんと驚異の13個である。金曜日なら危うく死んでいたかもしれない。もっとも、流しそうめん機に殺されるのならそれも本望なのだが…。

私の人生における洗うのめんどくさいランキングで、2,3位を争うかもしれない。1位はぶっちぎりでたこ焼き器なのだが、めんどくささの種類が違うという点で言えば、たこ焼き器さえも上回るかもしれない。

凄まじいポテンシャルだぞ、流しそうめん機…。

 

みんな、流しそうめん機は洗いやすさで選ぼう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-Result-

「そうめん」: 200pt × 36 = 7200pt

「たこ焼き」: 1500pt × 2 = 3000pt

「聖繊維」:  10000pt × 1 =10000pt

 

20200pt      RANK「

大雨災害

こんばんは。りきすいです。

俺は広島県呉市というところに住んでいるのだけれど、今回の西日本を襲った大雨による災害を被ってしまった。

大雨の影響により各地で洪水や土砂崩れの発生、そこから送水管の断裂による断水や停電が広島県の各地で起こっている。

f:id:go-went-gone:20180709005031j:plain

各地の土砂崩れによって通行止めとなっている道も多く、呉市陸の孤島と化した等と揶揄される始末である。

俺の住んでいる地区も断水したけれど、幸い電気は通っているためまだマシな方なのだろう。ただ、場所によっては断水&停電のダブルパンチを食らっている方々も少なくはなく、友人も数名ほど町や地区単位で土砂災害に挟まれており、物資の確保もままならない中、脱出すらできない状況が続いている。俺の状況と比べるとその不安の度合いは計り知れない。

f:id:go-went-gone:20180709005035j:plain
f:id:go-went-gone:20180709005022j:plain
f:id:go-went-gone:20180709005011j:plain
f:id:go-went-gone:20180709005049j:plain
f:id:go-went-gone:20180709005044j:plain
f:id:go-went-gone:20180709005040j:plain
f:id:go-went-gone:20180709005018j:plain
f:id:go-went-gone:20180709005015j:plain

f:id:go-went-gone:20180709005027j:plain
7年前の東日本大震災をはじめとして「災害」というものをニュースなどで見たとき、正直どこか遠い世界の話だと感じていたのも事実である。しかし見知った道が崩落したり見知った町が溢れる水や土砂に飲まれる光景を見てしまった今となっては、被災者の方々が途方もない絶望に襲われていたのだということは、想像に難くない。

 

今日は、川尻という地域に閉じ込められている友人の元へ救援物資を届けに行ったが、閉じ込められている地域の友人すべてに助けの手を出すことができるわけではない。それがたまらなく悔しい。

俺は動ける。少ないながらも自分以外の人に分けられる物資もある。にもかかわらず、行くことすら叶わない地域の応援はできないのだ。ぬくぬくとした場所からただ無事を祈るだけ。この無力感は耐え難い。

 

物資の備蓄がある間は良い。けれど、備蓄が底を尽き始めた頃が勝負だ。そんな中で自分だけではなく、周りの人間を守ることができるか、正直自信はない。けれど、自分の目に映る世界だけでも、守るために動ける人間でありたい。

 

広島県以外にも甚大な被害を受けている方々は多い。どうしようもない状況に置かれ、成す術も無く途方に暮れていることと思う。

けれど、それでもどうか生きるのを諦めないでくれ。闘おう。

ShortNoteを始めました

お疲れ様です。

2ヶ月ほどの沈黙を経て件の報告へと至るわけです。

僕は文章を考えたり書いたりするのが好きですが、飽き性でもあります。

元々さほど真面目に書き続けていたわけでもないブログを放ったらかし、パチンコという名の玉遊びに興じていた僕はいよいよ金を使い尽くし、詩人になりたいなどと思っていたところにShortNote(ショートノート)というエッセイ投稿サイトが現れました。

誰でもエッセイ風の文章を書けて、人が書いたものも読めるという素敵なサービスです。

結構前からあったサービスらしいのですが、無知な僕は今更知って感動してました。

早速登録して1本文章を書いてみましたので、読んでいただければなと思います。

ブログの更新はますます減るかもしれませんがよろしくお願いします。

 

でっかいカゴのついたクソダサい奴 by りきすい | エッセイ投稿サービスShortNote(ショートノート)